高収入求人

隠れ男子求人では圧迫面接対策を

外人男性

男女問わず求人を出しているところもありますが、ターゲットを男子に限っているところもあります。表記していなくても、暗黙の了解で会社側がほとんどの場合男子しかとらないという仕事もあります。仕事に就く割合を見てみるとそれはわかります。
例えば、SEの場合、理系や機械系に強いということから男子が多い職場になっていますが、この求人は書いていなくても男子を求めている会社であることが多いです。反対に、看護師など女性を求めるところもあります。
このような隠れ男子求人では、圧迫面接が行われることもしばしばあります。一人の応募者が、管理職のおじさん7,8人の前に座って面接を行います。少しでも取りこぼしがあると、そこを7人全員が攻めるという面接です。もちろん、いろんな形があります。これは相手のストレス耐性を見るためのものです。その面接で弱さを感じられれば仕事についていけないと判断し、落とす。こうすることで応募者をふるいにかけているのです。
自分以外の応募者が皆男子であることが推測できる場合、圧迫面接の対応をしておくのも良いでしょう。そうでなければラッキーですが、準備しておいて損はありません。どのような面接方式になるかはなかなか調べられないので、万全の対策が必要です。

UPDATE CONTENTS

RECENT POSTS

2017年02月21日
男子求人を求める会社が働いてほしい人材を更新しました。
2017年02月21日
一般職の男子求人が少ない理由を更新しました。
2017年02月21日
隠れ男子求人では圧迫面接対策をを更新しました。
2017年02月21日
経験やノウハウを活かせる男子求人探しを更新しました。