高収入求人

一般職の男子求人が少ない理由

笑顔の男性

男女差別撤廃の声が高まる中、以前男女の差が大きくあるのが仕事の求人です。女性は一般職、男子は総合職と分けられていますが、実際は女性でも総合職につけますし、男子でも一般職に応募できます。しかし、男子が一般職を志望し、内定をもらうのは難しいと言われています。
理由は、男子なら産休を取らないものだと捉えられているため、総合職の方でバリバリ働いてほしいという企業側の理由があるからです。
事務などのデスクワークは女性が好み、産休を取られても総合職ほどのダメージがないことから、一般求人には女性を起用する傾向があります。それをわかって男子も応募しないケースが見られますし、男子が家庭を支えなくてはならないという考えから、給料の良い総合職を希望する人が多いです。
このような傾向があるため、男子が一般職の求人に応募する際には、濃い志望理由を述べなくてはなりません。
聞かれるであろうことは、女性ばかりの職場で大丈夫かということや、家庭を持っていなければ、将来家族を養っていけるかということになるでしょう。これも男子が家族を養うべきという考えに基づいた質問ですが、これらを上手くかわすことができなければ採用は難しいといえるでしょう。

UPDATE CONTENTS

RECENT POSTS

2017年02月21日
男子求人を求める会社が働いてほしい人材を更新しました。
2017年02月21日
一般職の男子求人が少ない理由を更新しました。
2017年02月21日
隠れ男子求人では圧迫面接対策をを更新しました。
2017年02月21日
経験やノウハウを活かせる男子求人探しを更新しました。